医療安全管理室

1.医療安全管理に関する基本的な考え方

病院全体の医療安全を統括し、患者の安心・安全とともに職員の安心・安全の確保に取り組むことは基本方針のひとつである。興生総合病院の職員個人が、医療安全の必要性・重要性を組織及び自分自身の課題と認識し、医療安全管理体制の確立図り安全な医療の遂行を徹底することが重要である。このような考え方のもとに、個人レベルの安全対策と、組織的な安全対策を推し進めることにより医療事故を然に防ぎ、患者が安心して安全な医療を受けられる、職員が安心して安全な医療を提供できる環境を整えることを目標とする。

2.医療安全管理体制

安全管理体制の確保のため以下の組織を設置する。

医療安全管理室

  • 安全管理のための基本的考え方にのっとり、医療安全対策を総合的に企画、実施し組織横断的に院内の安全管理を担うため医療安全管理室を設置する。
  • 医療安全管理室の業務、組織などについては、医療安全管理室規程に定める。

医療安全委員会

  • 安全管理のための基本的考え方にのっとり、興生総合病院の医療安全に関する最高決議機関として医療安全委員会を設置する。
  • 医療安全委員会は各部門のリスクマネージャーで構成され医療事故の発生防止、医療安全の向上など安全管理に関する体制を整える。
  • 医薬品の安全管理体制、医療機器の安全管理体制、透析の安全管理体制等の確保を目的として医療安全委員会にて審議し決定する。
  • 医療安全委員会規程は別に定める。

3.安全管理のための職員研修に関する基本方針

医療安全のための基本的な考え方及び具体的方策について職員に周知徹底するため、職員研修会を開催する。

  • 医療安全委員会は、全職員を対象に医療安全管理に関する研修を年2回以上行う。
  • 医療安全管理室は、研修会を企画し興生教育委員会の協力を得て開催する。

4.事故報告等、医療安全確保を目的とした改善方策に関する基本方針

  • 安全管理の確保のための情報を収集し、調査・分析に基づき改善策の策定及び実施状況の評価を行う。医療安全に必要な情報は、ヒヤリハット事故事例、患者相談内容、院内巡視の結果または各種専門機関よりの報告、医療安全に関する報道などがある。
  • 事例分析は職員や患者の属性、事故やヒヤリハットの種類、発生状況等の分析を行い、医療安全に必要な情報を見出す。また事例の事実確認を行い医療事故の発生予防に資する事例については、各種手法を用いて分析する。
  • 事例の分析とともに医療安全に関する情報・知識を活用し、安全確保のための対策を立案する。立案に当たっては次の点を考慮する。
    • ア 実行可能な対策
    • イ 対策に根拠があり成果が期待されること
    • ウ 対策実施後の成果や評価の考え方についても立案時に盛りこむこと
  • 報告は安全確保のために使用するもので、報告者はこの報告により不利益処分を受けることはない。
  • 医療事故事案の報告を受けた場合速やかに院長に報告を行う。院長指示の元に医療安全対策委員会、医療事故調査委員会を招集する。

5.医療事故等発生時の対応に関する基本方針

  • 医療事故が発生した場合は関係者の事故への対応について支援する。過失の有無は問わず有害事象が発生した場合には、最善の処置・治療を講ずる。
  • 医療安全マニュアルに従い対応する。

6.患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針

本指針は閲覧可能とするため病院ホームページ、院内に掲示する。また、患者、家族などから閲覧の求めがあった場合にはこれに応じるものとする。