看護部 部署紹介

部署紹介

外来

一人ひとりの患者様との関わる時間が短い中、限られた時間の中で患者様やそのご家族に対して、安全で安心・信頼される看護を提供するように心がけて日々業務を行っています。
時には患者様の状態をみて緊急性の判断や適切な治療を患者様が受けられるよう、治療や必要な検査を予測した対応が求められ、また患者様の変化を敏感に察知する能力、対応力も必要です。今年度は「良好なコミュニケーションにより、お互いを知り、お互いに助け合う職場風土」をモットーに、スタッフ同士が積極的に協力しながら看護を提供したいと思います。

≪あなたの大切な腎臓を私たちがチームで守ります≫

糖尿病の進行による腎臓機能の低下から透析療法を必要とする人が増加傾向にあります。
厚生労働省は平成24年4月から「糖尿病透析予防指導料」を新設し糖尿病の合併症の進行を少しでも抑制する取り組みを強化しています。当院でも糖尿病の知識や治療経験を備えた医師・看護師・管理栄が、協同して一定の指導を行い、今の生活スタイルを維持できるよう腎臓を守るお手伝いをしています。

外来へリンク

透析室

人工透析室は、外来維持透析と入院患者とで105名の患者様を、看護職10名・臨床工学技士(透析室担当)15名で透析監視装置39台にてO-HDF・I-HDF・HDを行っています。

透析実施日は月曜日・水曜日・金曜日は午前・夜間の2クール、火曜日・木曜日・土曜日が午前・午後の2クールで患者様の治療をサポートしています。

透析導入は昨年19名近医からのシャント作成・シャントPTAの依頼もあり他の医療機関との協力・連携を図っています。

患者様の足を守る為に毎月フットチェック・フットケア・腎臓リハビリテーション・下肢PTAなどを行い、シャントケアとしてスタッフによりシャントエコーを実施し、患者様に安心して治療が受けて頂けるようにしています。

透析室 透析室
手術室へリンク

手術室

手術室 手術室

手術室は5室(クリーンリーム1室)あり、看護師⒔名、臨床工学士1名(2018年度より)、看護補助者2名で業務を行っています。年間約1500件(緊急手術約200件)の手術を行っており、当院は24時間体制での医療・看護を提供しているため、緊急手術も24時間体制受け入れています。勤務体制は日勤・夜勤さらに恩顧-梨体制で夜間・休日の緊急呼び出し手術(年間約40件)に対応しています。

手術室では「患者様のとって安全で安心できる手術質運命を行う」を目標にし、患者様とご家族が安心して手術が受けられるように2001年よりパンフレットを使用し術前訪問を開始し2005年より手術中患者様のご家族に術中訪問を開始し、患者様やご家族の手術に関する不安や疑問を傾聴し、少しでも安心できる様に取り組んでいます。さらに2007年より術後訪問を行っており患者様やご家族から聞いた意見を元に業務改善を行い、よりよい周術期看護の充実を目指してます。

手術室看護は、幅広い知識と迅速で確実な技術が必要になってくるために、定期的に勉強会を開催し知識・技術の習得に努めています。そのほか、機器の保守点検や感染防止・事故防止対策などもスタッフ全員で取り組んでいます。

手術室へリンク

中央材料室

中央材料室 中央材料室

病院の要ともいえる外来・病棟の器具の洗浄・滅菌を行っています。多くの機器を所有しており、時間で管理して仕事をしています。また、質の保証のために洗浄評価や滅菌評価窓の確認作業も欠かせません。各部署管理のタオル類の洗濯・不潔物の回収や清潔物品の配送なども行い各部署業務の負担も担っています。

中央材料室へリンク

ICU・HCU病棟

ICU・HCU
ICU・HCU

当院ICU・HCU病棟は、3階フロアに位置しています。患者様の移動に対する負担を可能な限り軽減できるように手術室と隣接し、透析室・血管撮影室とも同じフロアで動線が繋がっております。対象は診療科の枠を越えて呼吸・循環・代謝・意識において重度の侵襲を受けられた患者様ですが、当院の特徴として日々地域の救急医療体制確立に貢献したいという病院の理念・基本方針に加えて院内夜間看護師の負担軽減も考慮して、夜間診療で入院の必要があった場合は原則HCU病棟へ入院して頂き翌日各科の病棟に転棟する体制をとっております。

診療体制は各科主治医制ですが、早期回復を願って医師・看護師・薬剤師・栄養士・リハビリスタッフ等の協力し合いチーム医療で集中的な治療・ケアを行い、安全で安心して受けられる医療の提供に取り組んでいます。そのためにICU看護師に常に求められるスピードと正確さのスキルを磨くため、日々患者様の情報を収集・判断できる能力向上に努めています。

ICU/HCUへリンク

5A病棟

5A病棟は、急性期一般病棟になり、主に外科・泌尿器科・耳鼻科の患者様が入院してこられます。スタッフは患者様によりよい看護を提供出来る様積極的に研修に参加し日々学びを深めています。また、緩和ケア認定看護師が1名在籍しており緩和ケアチームを結成し、より専門的な看護を提供しています。

病棟では安全で質の高い看護を提供する為に多職種とカンファレンスを行っています。病室の稼働率も高く忙しい日々ですがスタッフ一同笑顔を大切に頑張っております。

5A病棟 5A病棟 5A病棟 5A病棟
5A病棟へリンク

5B病棟

5B病棟 5B病棟

5B病棟は内科・心臓血管センター(循環器内科・心臓血管外科)・脳神経外科・麻酔科の急性期混合病棟です。主な検査・治療は、心臓カテーテル検査・人工血管置換術・ペースメーカー手術・シャント造設術・腎生検・腎教育入院・糖尿病教育入院・脳梗塞・脳出血・硬膜下血腫等多岐にわたり治療が行われています。

患者様は超高齢社会に伴い認知症の方も多数入院されてこられますが、安全で安心した入院生活を送って頂けるように、その人らしく尊重した医療と看護・福祉が提供出来る様多職種と連携しいるも笑顔で励んでいます。

5B病棟へリンク

6A病棟

6A病棟は地域包括ケア病棟をスタートして一年半が経ちました。患者様が安全・安心して頂けるように看護の提供と退院後可能な限り住み慣れた地域に戻り、自分らしく生活して頂けるように入棟時から退院後を見据えら目標設定をして多職種で取り組んでいます。又、患者様の退院後の安心した生活には地域との連携が大切であり、充実にむけ努めています。

毎日の多職種でのカンファレンスと当病棟はリハビリチームとの連携が速やかに行い、病棟内でも看護師指導の元リハビリを実施しています。又、毎日行われる病棟レクレーションではスタッフ各々が自主性を持って活躍しレクレーション中に患者様の活気と笑い声があふれ患者様の持っておられる力を毎日実感させて頂いております。多職種でのスタッフ一丸となって地域包括ケア病棟の役割を意識して頑張っています。

6A病棟
6A病棟へリンク

6B病棟(医療型療養病棟)

当病棟は医療型療養病棟(入院基本料I)です。長期入院となる患者様が多く安心・安全な療養生活提供に向けてスタッフが一丸となり患者様・御家族を支援させて頂いております。又、在宅復帰を目標と下患者様も受け入れ、退院先に応じた日常生活活動の向上・維持を図るために多職種との連携を充実させ、且つ、安全なリハビリが行える様に全身状態を管理させて頂いております。退院後に患者様や御家族が安心して在宅生活が出来る様に介護が必要と予測される患者様に対しては、入院期間中から患者様、御家族様に看護指導〈日常生活全般、医療行為〉を実施させて頂いています。また、必要に応じて家屋訪問を実施し安全な在宅環境調整も行います。

6B病棟
6B病棟へリンク

7A病棟

7A病棟は、整形外科を中心とした急性期一般病棟です。交通事故・労働災害・転倒による大腿骨・橈骨・上腕骨・人工関節・腰部脊柱管狭窄症・腰椎ヘルニア・褥瘡等さまざまな症例の手術を行っています。手術件数は年間800例あり高度な医療を提供しています。

病棟では、治療計画に基づき多職種で協働し、患者様の思いを尊重した看護を提供出来る事を目標としています。365日のリハビリテーションがスムーズに行えるよう日々頑張っています。

7A病棟
7A病棟へリンク

7B病棟(医療型療養病棟)

7B病棟は医療型療養病棟です。医療処置が必要な方や、施設入所待機をしている高齢者の方が療養されています。私たちは入院さている患者様だけでなく、御家族にも視点を向けた関わりを目指しています。その為に個々スタッフが時間管理を行いコミュニケーションや病室に足を運ぶ時間を作ることを目標にしています。“その人らしく”過ごされるよう御家族の意向を取り入れながら日々の看護・介護に奮闘しています。

7B病棟
七夕飾り
七夕飾りは患者様と一緒に飾りました。
短冊も書いて頂きました。
7B病棟へリンク

8A病棟

8A病棟は、産婦人科と小児科、他科の混合女性病棟です。助産師9名と看護職15名で患者様の看護を行っています。

当病棟では、地域の保健師との連携を取りながら、産前産後の母児のサポートが行えるように、助産師による外来妊婦保健指導・母乳相談・マタニティクラス・ベビーマッサージを開催しております。

分娩時には必ず助産師が立ち会い医師看護師とともに安全な分娩を提供させて頂いております。

産後は母児別室で産後のお母さんの疲労回復に努めています。また、母乳で育てたいといお母さんの思いを大切に、3時間毎の時間授乳で乳房ケアを行っています。ベビーとお母さんの触れ合いで母児の絆を深め育児に自信を持って頂けるように援助しています。

「興生病院で産んで良かったと思えるお産ができたことを感謝しています」「どのスタッフにも優しく丁寧に対応して下さり楽しい入院生活でした」等の産後のお母さんからの声を励みにより一層手厚い助産ケア・看護ケアを提供できるように努めています。

8A病棟 8A病棟 8A病棟
8A病棟へリンク

8B病棟

8B病棟は、38床の回復リハビリテーション病棟です。患者様の回復能力が高い時期に、集中的なリハビリテーションを行う事で低下した能力を再び獲得できるように、又、障害が残っていても残存機能を活かし生活できるように支援しています。

患者様が安心して在宅で過ごせるようにさまざまな医療専門職である医師・看護職・理学療法士・作業療法士・言語療法士・ソーシャルワーカー・薬剤師・看護補助者等がチームとなり専門的は支援登良質は看護を提供できるようにチームワーク(協働)・フットワーク(行動)ネットワーク(人脈・情報共有)をモットーにチーム一丸となって頑張っています。

8B病棟 8B病棟 8B病棟
8B病棟へリンク