看護部の概要

看護部長あいさつ

興生総合病院 看護部長 森田緑

興生総合病院は昭和48年に藤原病院として開院以来、患者様の立場に立って診療すること、最新医療の実践、24時間体制の診療、地域が必要とする医療の提供を理念として運営されてきました。現在もこの理念は変わることなく受け継がれています。

私が入社したのは昭和61年のことで、当時救急車はひっきりなしに出入りし、手術は毎日夜遅くまで行われていました。学生で入職したので、院内は元より併設の施設も含め医療の多様な分野を経験しました。進学時の支援が充実しており、研修参加時にも手厚く配慮をいただきました。自ら求めれば支援を受けられる状況で私自身は育ててもらいました。このような事例は当院においては珍しいことではなく、必要な人材は自前で育てるというのが当院の組織風土です。現在においてもそれは根付いており、医師をはじめ、看護師、助産師、認定分野を目指す看護師において奨学金制度を整備しています。

このように自院で育った者は本当に仕事を大切にしてくれます。だからこそ社会医療法人としての認可を受け、救急医療を中心とした公益性の高い医療にも取り組めていけるのだと自負しています。もちろん、他の施設を経験した方々にとってもこのような風土を利用し、新しいことへのチャレンジや、資格認定を受けてがんばっていただける要因となっています。

当院には三原という地域の皆様に支えられ、地元の皆様に愛されることの喜びを知っているスタッフが数多くおります。私たちが地域の救急医療を支えていると言う自負があらゆる分野に広がって、当院の活力につながっていると考えます。今後も看護部一丸となって地域の医療に貢献したいと思います。

看護部の理念・基本方針

基本方針
  • 倫理観に基づき患者様の思いを尊重した看護を実践します
  • 看護の専門性の拡大と向上を目指し、自己研鑽に努めます
  • 一連の看護サービスを和顔愛語の精神のもとで行います