整形外科

整形外科

診療方針(診療科の特色)

外科 スタッフ4名

ほとんどあらゆる整形疾患に対処しています。特に手外科・上肢外科に関しては、最先端の治療をご提供できるものと自負しております。

また、腰痛や膝痛、足のしびれなど日常生活上困っている症状などに丁寧に対応しています。基本的には手術を強要することなく、希望・必要に応じ、薬や注射やリハビリなどの保存的治療と手術を組み合わせて治療するよう心がけています。

取り扱っている主な疾患

脊椎疾患

頚椎症性脊髄症および神経根症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など

関節疾患

肩・肘・手首・指・股・膝・足首の関節症。

手外科関連疾患
  • 手根管症候群などの絞扼性神経障害。各種腱鞘炎。テニス肘。ガングリオン。
  • 尺骨突き上げ症候群やキーンベック病などの手関節疾患。足趾移植等による指再建。
  • など広く扱っています。
足外科関連疾患

外反母趾。足根管症候群。モートン病。など

その他

各種四肢体幹の外傷、腫瘍。関節リウマチ。

こんな症状はありませんか
  • 関節が痛い
  • 手足がしびれる
  • 動きが悪い
  • 歩きにくい
今までできていたことがしにくくなったり困ったことがあれば、まず整形外科に相談をして下さい。

検査・治療の特徴

特に慢性疾患の場合、医者からレントゲンやMRIなどを見ただけで「手術」を勧める様な一方的な治療はしていません。手術適応があることは伝えますが、患者様本人しか分からない困り具合や痛さを重視して患者様の希望を優先するようにしています。診断を受けた後に治療法についても気軽に担当医に相談してみて下さい。

診療・手術実績

手術実績 2014年 2015年 2016年 2017年
上肢、手の手術 502 564 622 553
下肢の手術 301 254 273 368
脊椎関係の手術 71 41 34 35
関節鏡視下手術 93 81 78 73
微小外科関係(切断肢再接着、足趾移植) 19 38 28 37
人工関節(膝・股・肩・肘・指) 44 19 33 42

*いずれも1年間の概数

その他の紹介

手関節ガングリオンの関節鏡視下手術

手関節背側に約4mmの創で内視鏡を入れて手術します。傷もきれいで、再発も少ないです。

手指のPIP(第2)関節の骨折手術

指の骨折中最も難しく、拘縮を残しやすい骨折ですが、特有のプレートを使用し治療成績を向上させています。

尺骨突き上げ症候群に対する尺骨短縮骨切術

独自の手術法で短期間で治療が可能です。

母指CM関節症

関節形成術をすることで痛みから開放され自由に使えるようになります。