医療安全管理室

医療安全管理室の紹介

里仁会の理念は、「私たちは、地域の皆様に安心できる充実した医療・福祉環境を提供し、地域社会に貢献致します」です。院長をはじめとする当院職員全員が質の高い医療の提供と医療安全に努めています。安全で良質な医療の提供を行うために医療安全管理室(H21年9月)が設置され当院からは「被害者を出さない、加害者を出さない」を念頭に置き、現在は11名のスッフが、安全活動に取り組んでいます。

  1. ヒヤリハット事故報告の収集、保管を行う。
  2. ヒヤリハット事故報告の分析、分析結果の現場へのフィードバック、集計管理、改善策の実施が適正になされていることの確認と指導を行う。
  3. 医療安全に関する最新情報の把握と職員への周知を行う。
  4. 医療安全に関する職員への啓発、広報を行う。
  5. 医療安全対策に係る職員研修を企画・実施する。
  6. マニュアルの作成及び見直しの提言を行う。
  7. 医療安全カンファレンスを週1回程度行う。
  8. 医療安全委員会で用いられる資料及び議事録を作成保存する。
  9. 相談窓口等の担当者と連携を図る。

医療安全対策委員会

毎月月末の水曜日に委員会を開催、医療事故を防止し、安全かつ適切な医療の提供体制を確立するために必要な事項を定めます。医療安全管理室で検討したヒヤリハット・医療事故報告の分析・対策などを委員会にて報告します。

転倒転落防止ワーキンググループ

転倒転落防止のための対策について検討・提案します。

  1. 入院時に「転倒転落を防いで安全な入院生活を送るために」などパンフレットを配布、注意喚起を行う。
  2. 患者・家族と協同して転倒防止対策を実施する。
  3. 離床センサーの選択基準を作成、適正な使用を行い評価する。
  4. ラウンドを行い立案された対策の実施、安全な環境のチェックなど行う。

医療安全管理室業務指針について