リハビリテーション科

リハビリテーション科

診療方針(診療科の特色)

整形外科疾患、脳外科疾患などの機能・能力障害に対して、理学療法、作業療法、言語聴覚療法を必要に応じ組合せ全人的にアプローチします。また理学療法士45名、作業療法士37名、言語聴覚士8名、リハビリ補助者2名の計92名で平成21年4月から365日リハビリテーションを行っています。
(平成29年6月現在)

ドクター紹介

取り扱っている主な疾患

脳血管疾患、整形外科疾患、ハンドセラピィ、呼吸リハビリ、心臓リハビリ
小児リハビリ(主にいわゆる軽度発達障害など)

こんな症状はありませんか
「歩きにくくなった」「家事が難しくなった」など、生活に支障をきたす症状はありませんか?診察および各種検査にてリハビリの適応があるかどうかを医師が判断します。
整形外科、脳神経外科など、各科の医師にご相談ください。

検査・治療の特徴

急性期から、回復期、維持期すべてのリハビリテーションを院内の病棟で行い、外来リハビリも実施しています。急性期、回復期では365日リハビリを多くのスタッフにより積極的に行う事で、早期回復、社会復帰を目指します。また関連施設で介護老人保健施設でのリハビリ、デイケア、デイサービス、訪問リハビリにも対応しています。

診療科一覧へ戻る