脳神経外科

脳神経外科

診療方針(診療科の特色)

脳神経外科 スタッフ

当院では、脳血管障害、頭部外傷を中心に脳神経系の救急疾患に対応しています。他科と連携を取りながら、急性期から回復期、慢性期までの治療を一環して行なっています。急性期においては、脳梗塞に対しての超急性期血栓溶解剤(tPA)静注療法や血栓回収療法にも取り組んでおります。
またリハビリテーションに関しては、入院時より365日のリハビリテーション実施を行ない、症状の回復に努めています。
亜急性期には必要に応じて回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟へ転棟の上、引き続きリハビリテーションを継続するとともに、在宅復帰等への支援を併行して行なっております。
在宅等へ退院困難な患者様に対しては必要に応じて、医療療養病棟での長期療養や介護医療院、老人保健施設等への退院、或いは施設入所へのサポートも行なっております。

脳神経外科コラム ドクター紹介

取り扱っている主な疾患

脳出血、くも膜下出血、脳梗塞、頭部外傷、その他神経疾患全般

こんな症状はありませんか
  • 今までと違う頭痛、増悪する頭痛、
    激しい頭痛
  • 右あるいは左の顔や手足の麻痺
  • 物が二重に見える
  • 言葉が出ない

超急性期脳梗塞に対する取り組み

当院では超急性期の脳梗塞治療として、血栓溶解療法(tPA)に積極的に取り組んでおり、平成22年度から平成30年度の間では、延べ86件(年平均8.6件)の血栓溶解療法(tPA)を施行しています。
また2017年からは岡山大学脳血管内治療チームとの連携によりカテーテル治療による急性期血栓回収療法にも取り組んでおります。

診療・手術実績

病名別新入院患者数 2016 2017 2018
脳梗塞 98 104 113
脳出血 29 22 23
くも膜下出血 7 6 8
頭部外傷 36 46 40
その他 121 128 112
総患者数 291 306 296
手術実績 2016 2017 2018
直達手術 34 35 29
血管内手術 0 3 7
合計 34 38 36
診療科一覧へ戻る