乳腺外来

乳腺外来

診療方針(診療科の特色)

ガイドラインに則った標準的な治療法をもとに、患者様と相談をしたうえで最適な治療の選択をこころがけています。
診察は、火・水・金曜日の午前に行っています。また、月・木曜日の午後には専門的な検査を予約制で行っております。(この時間帯には一般的な診察は行っておりません。)

ドクター紹介

取り扱っている主な疾患

乳がん、乳腺の良性腫瘍、乳腺症など乳房内に腫瘤(しこり)を作る病気を診療します。

こんな症状はありませんか
  • 乳房内に"しこり"をさわる。あるいは"へこみ"がある。
  • 乳頭から分泌物が出る。(血性・乳汁様)
  • 乳房に赤みがある。乳房に痛みがある。

検査・治療の特徴

マンモグラフィー(と超音波検査)が主なスクリーニング検査ですが、当院では、乳腺組織の良く残っている50歳前後までの方には、超音波検査も一緒に受けて頂くようにしています。
さらに、2014年の途中から、乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術(エコーガイド下マンモトーム)もはじめました。
乳がんの治療は、標準的な手術・放射線治療・化学療法を組み合わせて実施しています。
なお、放射線治療については、他院への紹介となりますのでご了承ください。

診療・手術実績

【検査実績】
  2014年 2015年 2016年
MMG ※1 110 119 184
USG 358 363 409
MRI 30 35 43
MMT ※2 2 13 14

※1 約2,000件の健診MMGを除く
※2 MMT:エコーガイド下マンモトーム 2014年に導入

【手術実績】
  2014年 2015年 2016年
良性 23 24 17
乳がん 14 18 16
(うち温存率) 64% 67% 50%

化学療法に関しては、入院・外来を合わせて過去3年間で下記の症例数に実施しています。

【化学療法】
  2014年 2015年 2016年
症例数 93件 85件 111件

その他の紹介

治療法の一つの柱である、化学療法においては、薬剤師を積極的に参加させ、治療法に対する説明あるいは副作用についての相談に応じています。

診療科一覧へ戻る