看護部 部署紹介

委員会の紹介

看護部委員会

 看護部の基本方針である、看護の質の向上と安心できる看護サービスの提供を実現するため看護部独自の会議・委員会があります。

看護師長会議

看護部長: 森田 緑

師長会議

毎週金曜日15時から1時間の予定で師長会議を開催しています。
参加者は各部署の看護師長を中心に、感染管理看護者、副看護部長、看護部長の15名です。管理に関する指標報告から始まり、管理・業務全般に関わる伝達、医療安全・感染管理、人事に関すること事など議題は多岐に亘ります。運営は、師長の意見交換が進むように心がけて行っています。
年度のはじめと終わりには各部署の目標発表・目標達成について報告会を行います。各部署の考えを発信できる場となるように期待しています。

看護部主任会議

委員長: 今泉 正

主任会議は、当病院における看護主任の質の向上と各部署の連携を図るため、月1回会議を開催しています。会議では、主任の役割は何かを考え、主任としての研修・師長との連携・看護部の事業推進への参画・グループワークによる意見交換により情報共有を行い、主任としてのレベルアップを図っています。
日常業務のなかでの問題を提起し、新人研修・スタッフへの指導などより良い看護の提供ができるように職場環境の改善を図ることを目指しています。
秋に行われる里仁祭では、主任会議メンバーが健康チェックを行い地域の皆様の健康をサポートいたします。

看護部編集委員会

委員長: 藤井 寿

看護部編集委員会では、毎月発行している「スマイル通信」という看護部の広報誌を編集しています。平成12年から発行を開始して、今では200号に達しようとしています。
内容は、看護部で行った行事やコメディカル診療科案内とドクター紹介・病棟の取り組みなどで構成されています。
今後も300号・400号に向けて頑張って編集していきたいと思います。

看護業務改善委員会

委員長: 大下 ひとみ

看護部業務改善委員会

看護業務改善委員会では、むり・むだ・むらのない看護業務ができるようことを目的に、各病棟より1名選出され月1回の定例会議を行っています。
定例会議では質の高い安全な看護サービスの提供ができるように業務における様々な問題点を抽出し、検討・改善を行っています。
今年度は、看護業務の統一化を図り日々進歩する医療を踏まえ、患者雅・ご家族に安心できる看護を提供できるようにマニュアルの見直しを行っています。

看護教育委員会

委員長: 坂本 富江

看護教育委員会は、各部署1~2名の選出で構成しています。委員会の活動は、看護部の看護師像と看護教育方針を元に看護部研修会・新人研修会・看護研究とそれぞれに役割を担い活動しています。
看護部研修会は、講義形式と経験年数別研修後のミニレクチャー付の演習形式をとり体験を通し看護感を養いお互いの意見を分かり合う場を設けています。
新人研修会では、4月1日から1年間を通して院外・院内からと他職種の協力を得て新人看護師の育成に携わっています。また、プリセプター形式をとり、先輩・新人同士の意見交換の時間とした研修会や5月には毎年恒例のソフトバレー大会を開催し先輩と後輩の垣根を越えて、楽しく白熱した試合が繰り広げられ、いつもとは違う先輩と後輩の姿を見ることができます。
看護研究では、発表日(3月予定)までの計画運営に携わり各部署の研究支援をしています。
看護教育委員は、まだまだ発展段階にありますが、看護師個々のキャリアのために一緒に委員会活動をできたらと考えています。

看護教育委員会
看護教育委員会
看護教育委員会
看護記録委員会

委員長: 河野 里栄子

各部署から選出された委員で構成しており、毎月1回定例会議を行っています。
昨年度からは、記録監査・看護サマリー・看護計画と3つのグループ分けをし、委員会にて進行状況を報告、委員全体で検討するという活動展開をしています。
当院の記録に即したオーディットも改正を重ねながら、記録の質と向上をめざしスタッフ一同奮闘中です。

看護記録委員会
看護記録委員会
看護記録委員会
看護補助者会議

毎月1回、院内看護補助者職員の会議を行っています。各部署からの参加であるため、各部署の連携を図るとともに、看護補助者の質の向上を目的として副看護部長が運営しています。資格を待たない方もおられるため、年2回程度日常生活援助を中心とした技術研修も行っています。
業務を行っている時に「これって、よその部署はどうしているんだろう?」と感じ、会議において意見交換を行うこともあり、業務の統一化を図れる会議でもあります。
技術研修ではお互いが患者さん役となり、患者さんの気持ちになれるよい機会となったり、意見交換も行われるので活気ある研修会となっています。