看護部 部署紹介

委員会の紹介

看護部委員会

 看護部の基本方針である、看護の質の向上と安心できる看護サービスの提供を実現するため看護部独自の会議・委員会があります。

看護師長会議

看護部長: 森田 緑

師長会議

毎週金曜日15時から師長会議を行っています。感染管理認定看護も参加して総勢15名での看護部門の管理者会議です。議題は管理に関する指標報告と医療安全・感染管理の報告・人事・業務に関する全般を取り扱います。
師長の意見交換が活発になる事を目指して運営しています。年度初めと終わりには目標発表・目標達成について報告会を行います。各部門の管理が円滑に進むのが目的の看護部の核となる会議です。

看護部主任会議

委員長: 今泉 正

看護主任会議では、当院における看護主任の質の向上と各部署の連携を図るため月1回会議を開催しています。会議では、毎月担当部署がテーマをあげ、日常業務のなかでの問題提起や、看護サービス・スタッフ・新人の育成など、グループワークによる情報共有や意見交換を行っています。
看護主任としてのどのように行動していくのかを考え、患者様により良い看護の提供が出来る様に職場環境の改善を図る事を目指しています。
秋に行われる里仁祭では、看護主任会議メンバーが健康チェックを行い地域の皆様の健康をサポートしています。是非お立ち寄りください。

看護部編集委員会

委員長: 藤井 寿

看護部編集委員会では、毎月発行している「スマイル通信」という看護部の広報誌を編集・発行しています。平成12年から発行して今では250号に達成しようとしています。
内容は、看護部で行った行事や病棟の取り組みだけでなく、医師・コメディカルスタッフにも協力を頂き記事を作っています。
今後も300号・400号に向けて皆さんに喜んで読まれる広報誌を編集・発行していきたいと思います。

看護業務改善委員会

委員長: 神原 利枝

看護部業務改善委員会

看護業務改善委員会は、複雑な看護業務について見直しを行い、ムリ・ムダ・ムラの無い看護業務が出来る事・安全な看護業務が行える事を目指して活動しています。一般的看護業務マニュアルの見直しだけでなく、マニュアルを見たいと思ったときに素早く活用できるように整備したり、新たなマニュアル作りも行っています。医療・看護は日々進化しています。それに対応出来る様看護業務改善委員会も進化したいと思っています。

看護教育委員会

委員長: 坂本 富江

看護教育委員会は、各部署から1名選出し構成しています。委員会の活動は、看護部研修会・新人研修会・看護研究とそれぞれに役割を担い活動をしています。
看護部研修会は講義形式とミニレクチャー付演習形式を取り体験を通して看護観を養いお互いの意見を分かり合う場を設けています。
新人研修会では入職時から集合研修として院内・院外から多職種の協力を得て看護師の育成に携わっています。又、プリセプターシップ形式をとり、先輩・新人同士の意見交換の時間や毎年恒例のソフトバレーボール大会を通し先輩・後輩の垣根を超えて楽しく白熱した試合を繰り広げられ、普段見られない姿を見る事ができます。
看護研究では計画運営と発表まで各部署の支援を行っています。看護教育委員会では看護専門職人として『ニーズをとらえる力・ケアする力・意思決定を支えるちから』を目指し個々のキャリアの為に一緒に活動ができたらと考えています。

看護教育委員会
看護教育委員会
看護教育委員会
看護記録委員会

委員長: 松井 敦子

看護記録委員会は毎月第4火曜日に開催しています。
電子カルテに移行しもうすぐ10年が来ようとしています。患者様が見える看護記録を目指すために看護計画原本の見直し・録監査の充実・看護サマリーの記入方法の統一など各グループでの活動をしています。
また、記録委員会で監査した内容の事例共有と各部署に確実にフィードバックできるよう思案中です。

看護記録委員会
看護記録委員会
看護記録委員会
看護補助者会議

毎月1回看護補助者会議を行っています。各部署の連携を図ると共に看護補助者の質の向上を目的としています。具体的には会議の中で看護教育委員会・医療安全員会・感染対策員会の協力を得ながら技術研修・グループワーク・手順の遵守などの研修会も開催しています。
年齢や経験年数は様々ですが、技術研修などお互い我意見交換を行いながら楽しく研修しています。

認知症対応力向上委員会

委員長: 新谷 千恵

認知症対応力向上委員会は、平成29年度に立ち上げた新しい委員会です。都道府県が主催する指定された研修会を受講したメンバーで構成されています。
2025年には認知症を有する人が約700万人となり、国民のおよそ5人に1人が認知症になることが予測される中看護の力はとても重要です。
当院では、看護職員が統一した理解の元、認知症の方の視点に立ったケア・対応ができるよることを目標に、委員会メンバーが研修で得た知識と委員会での研鑽を重ね、各部署へ出向き勉強会の開催などしています。今後も委員会で看護職員が倫理的配慮を充分踏まえた認知症ケア対応を実践できるように取り組んでいきます。