リウマチ科

リウマチ科

診療方針(診療科の特色)

可能な限り早期に関節リウマチの診断をし、早期より積極的な治療をすることで、疾患を治癒させることを最大の目標としています。
進行してしまった関節リウマチ患者様に対しても薬物治療と整形外科的治療(手術等)を駆使してQOLの向上に努めます。

ドクター紹介

取り扱っている主な疾患

関節リウマチ

こんな症状はありませんか
  • 朝目を覚ますと手指がこわばって動かしにくい。
  • 使いすぎてもいないのに関節が腫れて痛い。

検査・治療の特徴

特有の血液検査やCTやMRI等の画像検査

診療・手術実績

関節の痛みや変形を生じる疾患の代表である関節リウマチを診断治療しています。
基本的には外来通院しながらの薬物コントロールが中心です。
約2割の患者様では生物製剤(レミケード・エンブレル・ヒュミラ・アクテムラ・シンポニー・オレンシア・シムジア)を用いています。
手術は手や肘、股関節や膝関節に対して、滑膜切除術や関節形成術人工関節術等を適宜行っています。

診療科一覧へ戻る