歯科

歯科

診療方針(診療科の特色)

歯科 スタッフ 総合病院の特色を生かし、必要に応じて他科と連携して患者様個々の状態に配慮した歯科診療を行なっています。外来での診療に加え,当院入院病棟や関連施設の患者様に対するオーラルマネジメント(口腔衛生管理、義歯の調整、摂食機能療法等)に力を入れています。現在、常勤1名、非常勤8名(曜日毎に岡山大学・広島大学から派遣)の歯科医師2名、常勤歯科衛生士5名の体制で診療を行なっています。

取り扱っている主な疾患

歯周病(軽度~重度歯周病、若年期に発症する特殊な歯周病、全身疾患と関連する歯周病など)、う蝕、知覚過敏症、ブラキシズム(歯ぎしり、食いしばりなど)、智歯周囲炎(親知らずによる炎症)、口腔粘膜疾患(口腔カンジダ症、口腔扁平苔癬、口腔乾燥症、ウイルス性疾患、白板症など)、顎関節症、軽度の睡眠時無呼吸症候群、口腔機能回復治療(義歯、クラウン、ブリッジ、インプラント治療、自家歯牙移植など)、審美障害(ホワイトニングなど)

こんな症状はありませんか
  • 歯肉が腫れている、出血がある
  • 噛むと痛い歯がある
  • 睡眠中の歯ぎしりや食い縛りがある
  • 親知らず周囲歯肉が腫れている
  • 口の中がピリピリする
  • 義歯が合わない
  • 歯の着色は変色がある
  • 歯が揺れて噛みにくい
  • 冷たいものや温かいものが凍みる
  • 睡眠中のいびき
  • 口があかない、顎がガクガクする
  • 口が乾く
  • 歯がなくて噛めない
  • 口の中や頬にできものがある

検査・治療の特徴

外来診療では、ご高齢の患者様や複数の疾患を有し多くの薬剤を服用中の患者様にも安全に歯科治療(抜歯などの外科治療を含む)を受けて頂けるよう、他医院や当院他科と連携をとっています。また、生涯にわたって健康なお口で生活していただけるよう、予防・メインテナンスにも力を入れています。 病院内では、入院患者様に対する歯科治療や病棟への往診によるオーラルマネジメント、全身麻酔前の歯科検診、糖尿病教育入院時の歯科検診、妊婦教室でのマタニティクラス、胃瘻造設前の口腔ケアなどを行なっています。

診療・手術実績

2015年の主な診療・手術実績
術式 件数
埋没抜歯(親知らず・過剰歯) 年間約30例
歯周外科手術 年間約60例
口腔インプラント手術 年間約10例
囊胞摘出術 年間約10例