診療チーム

感染対策チーム

院内感染対策チーム(ICT)とは、インフェクション・コントロール・チームの略です。医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師の4職種で、専門性を活かし、院内の感染対策に従事しています。活動内容は、院内感染を予防し、安全を保つこと、院内で発生した感染症に対して迅速に対応することを目的に、各部門に所属する感染リンクスタッフと協同し、毎週、院内のラウンドを行っています。ラウンドを行うことによって、患者様に係る環境の改善や院内感染発生の予防に努めています。

感染管理カンファレンス
院内ラウンドの様子
院内ラウンドの様子

また、尾三地区の病院で感染対策の地域連携をしています。年1回完成対策について相互に評価をしています。

地域内では、定期的にカンファレンスを行い、各病院内での取り組みを話し合うことによって地域をあげて感染対策に取り組んでいます。

感染リンクスタッフ委員会

毎月1回の委員会を開催しています。ICTと協同し、院内ラウンドを行っており、ラウンド内容を委員会で報告し、各部署の改善に役立てています。また、委員会内で研修会を行い、知識や技術の習得を行い、部署への活動につなげています。また、看護部だけでなく、コメディカル部門からも臨床検査科、リハビリテーション科、歯科、放射線科、医事課からの代表も参加し、院内をあげて対策を周知するように努力しています。

会議の様子
メンバー

感染対策委員会

毎月1回の委員会を開催しています。委員会は病院長をはじめ、各部門の所属長や関連施設の代表者が参加しています。委員会では、院内感染発生状況、地域や全国的流行などのトピックス、ラウンドの状況報告、その他院内感染に関する事項の報告、話し合いを行っています。

会議の様子
会議の様子