コメディカルのご案内

食事療養部

診療の特色

食事療養部の理念

私たちは患者様の立場にたって、安全で喜ばれる食事を提供し、適切な栄養管理をおこないます。

食事療養部の基本方針
  1. 衛生に気を配り、安全な食事を提供します。
  2. 患者様一人ひとりに適切な栄養管理をおこなうよう、日々努力します。

私たち食事療養部一同は、“入院中の食事は医療の一環であるとともに、楽しみのひとつでもあること”を念頭に置き、一般食から治療食まで、個人の嗜好に合わせた食事提供に力を注いでいます。食事を提供しても、食べていただけなければ意味がないため、早期回復に向け食事面からサポートできるよう、患者様の満足度向上に努めています。

安全で喜ばれる食事の提供

個々の患者様に適切栄養管理のもとに食事提供が出来るように、疾患・アレルギー・嗜好などを考慮し、個人対応の食事提供や栄養管理を重視した、直営給食運営をおこなっています。また、おいしさや、食事から得られる楽しみを味わって頂けるように、行事食やお祝い膳・郷土料理・選択食も取り入れ、季節ごとの行事には、手作りの行事カードを添えています。患者様から頂く“おいしかった”“ありがとう”のメッセージを糧に、職員一同で頑張っています。また、衛生的で安全な食事提供をおこなえるように、厨房は、天井換気システムや涼厨ガス機器を導入し、厨房環境の快適化もおこなっています。


行事食(七夕)

祝い膳(正月)

栄養食事指導

当院では、管理栄養士が患者様ひとりひとりの病態に合わせた食事療法をご紹介する個人栄養指導、集団での糖尿病教室、糖尿病合併症予防教室、透析教室、減塩教室などを開催してします。何をどれくらい、いつ食べたらよいかなど、不安をお持ちの患者様とこれからのお食事について考えていきます。集団指導では医師と共に構成された教室もあり、病態に合わせたお食事の紹介やゲームを通じて多くの患者様に病気の理解を深めていきたいと考えています。同じ病気の患者様同士でお話をする機会にもなり、お互いアドバイスし合いながら交流していただけます。是非、気軽にお立ち寄り下さい。

医療チーム活動

NST(栄養サポートチーム)

合併症を減少させ早期回復とQOLの向上につながる為、NSTを立ち上げ専門職メンバーが連携して患者様の栄養管理をおこなっています。食事の喫食率や内容を見たり、聞き取りをおこなったりして、患者様の状態に合った食事を提供できるようにしています。

糖尿病透析予防指導

医師・看護師・管理栄養士で、糖尿病患者様の糖尿病合併症を悪化させないよう、外来指導をおこなっています。

研究発表・専門職としての質の向上

学会や研修会での発表も積極的におこなっております。専門職としての研修や質の向上に努めています。

2015年6月現在
TNT-D認定管理栄養士 1名
NST専門療法士 1名
病態栄養認定管理栄養士 1名
広島県糖尿病療養指導士 1名

今後も、患者様の立場にたった栄養管理をおこなっていきたいと思います。