研修医の方へ

先輩研修医の声

下川 航

平成26年度研修医

下川 航

本当に困ったときに助けてくれる、先輩医師の存在が心強いです。

興生総合病院初期研修医の下川航です。私が当院を知ったきっかけは、4年生のころ目にした広島県の研修病院を収載した冊子でした。そこには、低学年から研修病院を探していた私でも聞いた事の無かった「SD」という見慣れない言葉が書いてあり、すごく軽いノリで見学を申し込んでみました。
初めて病院を訪れた時の印象は、きれいな病院だなとか、研修医室無いのか…とかだったと思います。見学を重ねるにつれて、駆け出しの医者としてどんなふうに仕事ができるかを考えるようになり、当院なら満足のいく研修が受けられそうだと感じ研修することを決めました。というのも、当院の特徴として、コメディカルや事務スタッフが研修医に対してとても協力的で、病院全体で医療が行われていることを肌で感じたからです。これは他の病院では感じた事のない印象でした。
また、SDというのは、メンターのことで、医師になったばかりで分からないことだらけの研修医を指導・助言してくれる先輩医師のことです。医師になって感じるのですが、本当のピンチで助けてくれるのは、やはり信頼できるSDなので、当院の研修プログラムの良いところだと思います。一方で、当院は研修医の処遇も十分なもので、仕事だけでなくプライベートも充実させることができます。オンもオフも充実した研修生活を送りたい方は私の様に軽いノリで見学にいらしてください。

陳 永球

平成26年度研修医

陳 永球

自分の希望に合わせてカリキュラムを変更できる柔軟さが魅力です。

私は平成26年から興生総合病院で初期臨床研修をさせて頂いています。初期臨床研修を始めてまだ3ヵ月しか経ってないですが、親切な先輩先生方のお陰で病院の雰囲気にはもう慣れました。

興生総合病院は、先生方はもちろん看護師さんや技師さんなどのスタッフみなさんが親切で親しみやすく、知らない事は何でも聞く事が出来ます。そのため早く身につけたい手技や興味のある手技に関しては、今自分が回っている科ではなくても、時間の余裕がある時にいつでも先生に頼んで勉強することができます。

ここの初期臨床研修のカリキュラムもすごく特徴的で、自分の希望に合わせて指導医の先生と話し合って決められます。そのため、もし途中で希望する専門科が変わったとしても、いつでも指導医の先生と相談し自分の希望に合わせてカリキュラムを変更できます。まだ専門科が決まってない研修医も、最初必修の科目を回る時に他の科の先生から話を聞いたり、手技を教えてもらったりしながら自分の進路について十分考える時間が得られるという事もすごいメリットです。

興生総合病院での研修は今始まったばかりですが、これからの研修も非常に楽しみにしています。
興生総合病院での研修を考えている方は、交通費やホテルの費用も病院からもらえるので、是非来て先輩先生方の話を是非聞いて下さい。

門野充記

平成24-26年度研修医

門野充記

科の違う先生と気軽に接することができるのも魅力的でした。

 興生総合病院研修医1年目、門野充記と申します。
 私が興生総合病院を初期研修病院に選んだきっかけは、同級生から興生病院の病院見学について話を聞いたのがきっかけでした。元々広島市出身で広島の病院を探していたのですが、その中でも地域中核病院で2次救急まで手広く診療を行っている病院が理想でした。ドクターヘリも受け入れているということで、充実した初期研修ができそうな病院だと思ったので見学に行きました。
 実際見学に来た際一番印象的だったのは、2年目の研修医の先生方がとても「できる!」研修医だったことです。救急、当直の対応をとても冷静にしていて、一年の研修が終わっただけでここまでできるものなのかと驚きました。日常診療からヘリコプターの受け入れやDMATのチームを有する救急対応の幅広さも魅力的でした。私は将来無医地区での医療に貢献したいと思っているため、専門分野以外でもあらゆる疾患に対応できる医師が多いこの病院なら充実した研修ができると思い、初期研修病院に興生総合病院を選びました。
 実際病院に来てからも症例のバリエーションが多く大変勉強になります。研修医が自分でやりたいことを見つけたらどんどんやらせてもらえる環境なので、失敗は多いですが着実にレベルアップできていることを実感しています。
 また、大病院と違い科の違う先生と気軽に接することができるのも魅力的でした。一つの医局部屋にそれぞれの科の先生が集まって雑談できるため、気軽に聞きたいことを聞きに行ける環境になっています。
 個人的な話になりますが、海に接した三原という地区は釣り好きの私にとって最高の環境でした。コメディカルの人たちや事務の方々も接しやすい方が多く、仕事でもプライベートでもいつも大変お世話になっています。
 以上が興生総合病院を研修病院として選んだ理由です。研修が始まった後の感想も交えてみましたが、是非一度見学に来て病院の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

澤田幸史

平成24-26年度研修医

澤田幸史

やらされるのでなく、自分の考えがある人に向いていると思います。

 平成24年から働いている研修医の澤田と申します。まずこのページを見ている人は三原出身の医学生か、中国地方に病院を絞り込んで片っ端から病院のホームページをチェックしている医学生の人がほとんどでしょうか?
 僕自身、そのどちらにも属しておらず、九州で生まれて、埼玉県で育ち、大学は札幌医科大学を卒業しました。なので、偶然にもこのページを開いてしまった全国の医学生も是非このページだけでも読んでいってください。
 僕自身、心臓血管外科を志しております。医学生時代に研修病院を決めるにあたっての条件は、一つは見学ではなく、実際に医療を実践できること。これには診断、治療までの判断をしっかり勉強できること、基本的な処置、検査は自分でできるようになることを含んでいます。二つ目は、心臓血管外科があり、開心術があること。三つ目は、若いうちから海外で留学なども考えたいと思っていたので、ある程度貯金ができることでした。この条件にあてはまる病院をインターネットを駆使して日本全国検索しました。いくつか見学に行きましたが、一番雰囲気が自分にあっていると感じた当院に決定いたしました。条件のほかここにきて感じた特徴は、各科のフレキシブルさでしょうか。内科をまわっていようがもしあいた時間があれば、外科の手術にいれてもらえます。また救急も全例よんでもらえます。僕の場合は心臓血管外科を志望しているのでどこの科をまわっていても心外の手術には全例助手として参加させていただき、術後管理もfirstcallをもらえるようになりました。もちろんどんなときでも上級医の先生が相談できる位置にいてくれます。
 文字数がかぎられていて、僕の文章力がないため情報量が少なくなりましたが、結論はどこにいようが結局自分次第だと思います。やらされるのでなく、自分の考えがある人に向いていると思います。

矢野康行

平成18-20年度初期研修医

国立病院機構 岩国医療センター

矢野康行

病院全体が人間的な魅力に
溢れています。

平成18年4月から平成20年3月まで当院において充実した初期臨床研修をさせて頂き、研修を終えて、当院は研修医を大切にする雰囲気があり、臨床と教育の両面において素晴らしい病院であると実感しています。

先輩先生方はとても気さくかつ教育的で、ユーモアに富む環境の中、ある時は厳しく、実践的な知識の習得に力を入れてくださっています。当院で、師匠となる先生にも出会えました。臨床経験が豊富で、優れた教育者である先生方に学ぶことに勝るものはありません。救急外来での初期対応を始め、各科でのローテート研修では上級医にフィードバックしてもらえる環境で、直の診療経験を積むことができ、カンファレンスでのプレゼンテーション、ケースレポート、文献・蔵書が充実した図書室など、知識の復習・習得の場もたくさんあります。研修医のさまざまな意見に耳を貸して下さるドクターやコメディカル、事務の方が多く、病院全体が人間的な魅力に溢れています。

当院を研修先に選んでよかったと思っています。当院での研修を少しでも考えている方は、せひ一度、見学や実習に来て下さい。

清松 悠

平成18-21年度初期研修医

倉敷中央病院 整形外科

清松 悠

医師としての方向性が決まる時期に、最適な研修環境だと思います。

私は現在、倉敷で整形外科医として働いております。 平成18年4月から、平成21年3月まで、初期研修2年間と後期研修1年間、興生総合病院で研修をいたしました。

この病院での研修の最も大きな特色としては、カリキュラムがフレキシブルであることでしょうか。早期に専門科を決定した研修医には、その科で必要な他科の疾患、手技を中心に学ぶことが出来ますし、決定していなければ、広く研修先の科を知ることが出来るカリキュラムが選択できます。以後の研修内容についても、その都度見直しがあり、我々研修医の意見、要望等も十分に組み込まれます。

また、全科医師の医局がひとつのフロアーにあり、普段から他科との連携も取り易い環境にあります。他科研修中であっても、手技を行う機会があれば、声をかけていただき経験することができます。大病院といわれるようなところでは見学のみで過ぎ去ってしまう検査、治療などの手技も施行医として経験できます。co-medicalとの結びつきも強く、研修しやすい環境です。 医師としての方向性が決まる重要な時期に、最適な研修環境だと思います。

浦野 真一

平成17-19年度初期研修医

総合病院 庄原赤十字病院

浦野 真一

アットホームな雰囲気で、研修以外の楽しい思い出もできました。

興生総合病院での初期研修は、研修科の先生方にはどの科も懇切丁寧な指導を頂きました。最初は知らない事を覚える事で精一杯でしたが、研修が進むにつれて患者さんとの治療にあたる中で考えて治療にあたるという面でも充実した研修であったと思います。治療、処置、手術等についてもどの先生方にも科の垣根を越えて教えて頂きました。病院のみんなが研修医を大事にしてくれている、いい研修をさせてあげようというのが伝わってきた病院でした。病院、各科の先生方、スタッフの方々もアットホームな雰囲気で、研修以外でも楽しい思い出がいっぱいです。地域に根ざした医療を行っている病院ですので、急性期治療から救急治療まで広く治療にあたらせてもらいました。ACLSコースへの参加や広島空港災害訓練にDMATとして空港を走り回りながら災害訓練にあたった事などは今でも良い思い出ですし、普段の研修ではできないような貴重な経験をさせてもらいました。自分は今、外科医として後期研修をおこなっています。今でも治療にあたり、「病気をみるのではなく、人を診る」という事を常に思っていますが、それを学べたのは興生総合病院での研修のおかげだと思っています。