研修医の方へ

研修医が興生総合病院を選んだ理由

磯田 洋

2年次研修医

國近 公介

自由度が高く、充実した研修生活が送れます。

興生総合病院初期研修2年目の國近公介です。
興生総合病院の研修の特徴はとてもフレキシブルだという事です。指導医と相談して自由に研修科を選ぶ事が出来る上に、経験したい処置や手技などがあれば、科の垣根を超えて経験できます。私は小児科志望で、この原稿を執筆している現在、泌尿器科の研修中ですが、小児科の点滴や採血は毎日のように行わせてもらっています。泌尿器科自体の研修でも、新患の診察、エコーなどの検査、診断、処方などをトータルに経験させて頂き、大病院でありがちな、見学だけという状況はありません。
また、救急車の受け入れ時は必ず研修医にコールが入り、年間を通して救急対応を経験出来ます。2年目以降の当直は、ウォークインに関しては研修医がファーストタッチを行うので、多くの症例を経験し、救急対応に自信が持てるようになります。
病院の雰囲気も素晴らしく、指導医や看護師をはじめ、院内のスタッフはとても優しく、三原の土地柄か、患者さんも優しい方が多く、ストレスフリーです。
当院のもう一つの特徴は研修医の処遇が破格という事でしょうか。こんなに処遇が良いという事は、ブラックなのではと考える方もおられると思いますが(笑)、全然そんな事はありませんので、安心してください。
初期研修はどの病院を選んでも、結局は自分のやる気が最も大事だと思いますが、私は興生総合病院を選んで正解だったとつくづく感じています。
ぜひ一度、気軽に見学にいらして自分の目で確かめて下さい。

磯田 洋

1年次研修医

磯田 洋

病院全体で研修医を育てようという雰囲気に惹かれました。

私が当院を知ったきっかけは大学の実習中に学生控室で友人同士が当院に病院見学に行った感想を話しているのを盗み聞きしたところから始まります。その話を聞いていると自分が求めている研修病院としてかなり合致しているという印象を持ちました。当時自分が研修病院をえらぶ際に重視していたのは、①研修体制、②病院およびスタッフの雰囲気、③ある程度の給与といった3点でした。①の研修体制について補足すると、適当な数の患者を担当させていただき、自分で診断・治療などを考え、不明・不安な点を上級医にいつでもコンサルトできる状態にあることを望んでいました。担当患者があまりに少なく、指導医の処置を見ていることが多い研修であったり、逆に自分の能力を超える多くの患者を担当し、何をしていたのかわからないまま次々と患者をみていくという研修は避けたいと考えていました。そして実際に病院見学に行った際にこれら全てが満たされているなと感じ、当院で研修することを決めました。

実際に研修をはじめて3か月の今振り返ってみて、当時の印象と比較してみると期待していた以上の充実した研修を行えているなというのが率直な感想です。研修体制については上述の内容を希望した自分が満足しているということでイメージがもってもらえると思います。②の病院およびスタッフの雰囲気というものはかなり主観的なもので「雰囲気いいよ」と言われても何とも判断しかねると思いますが、数ある中で一つだけ例を挙げれば、内視鏡検査をやらせてもらい、終了した後にベテランの看護師さんが患者さんに「時間かかったけどじっくり見させてもらいましたからね」と一言声をかけてくれたことがありました。患者さんは納得され、これでベテランの先生がやるよりも長い時間苦しい思いをさせて申し訳ないという気持ちが随分と楽になったのを覚えています。こういった病院全体で研修医を育てようという雰囲気もぜひ見学で感じてもらえたら嬉しい限りです。