令和2年度 興生総合病院病院指標

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 180 37 94 171 151 263 400 629 648 264
令和2年4月1日~令和3年3月31日に退院された患者さんの年齢を年代別に集計しています。
当院は地域医療の中核病院として、救急医療をはじめ24時間体制の医療の実施に努め、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しています。
地域住民の高齢化に伴い、70歳以上の患者さんが約54%を占めており、80歳代の患者様が最も多く(約23%)となっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 5 75.8 20.51 0 88.8
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 5 18 11.04 0 71.4
110280xx9902xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 5 12.4 8.90 0 71.2
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 5 9.6 13.00 20 81.6
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 5 8.4 14.60 0 55.6
内科では、誤嚥性肺炎で入院される患者様がおります。
特にご高齢の患者様が多く、平均年齢は80歳を超えており、重症化しやすいため、他科の医師と連携して治療を行っております。
腎臓または尿路の感染症、慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全の患者様も多く、慢性腎不全の透析導入など他院からの紹介も多く地域医療に貢献しております。
他には、2型糖尿病などの治療を行っております。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 135 6.1 6.13 0.74 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 8 9.13 11.19 0 0
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 5 5.8 8.37 20 0
040100xxxxx00x 喘息 2 5 6.46 0 4.5
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 1 2 8.14 100 0
主に、急性期疾患の一次診療、二次診療を行う病院ですが、入院症例は減少しています。
院内出生は、年間約400件あり、新生児仮死、一過性多呼吸、低血糖、黄疸など一般的な新生児異常が入院対象になります。
重症例は、高次病院へ紹介となります。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060130xx9900xx 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 84 2.38 7.71 1.19 58.85
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 39 2.13 2.66 0 66.36
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 20 4.05 7.74 0 67.7
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 19 6.74 8.83 0 75.26
060335xx02000x 胆嚢炎等 18 10.61 7.23 0 61.28
外科では呼吸器・腹部・消化器・乳腺の疾患に対する手術治療や悪性腫瘍に対し術後の抗がん剤治療を行っています。
近隣の医療機関からの紹介や、救急外来の対応にも積極的に受入れを取り組んでいます。
1、2、3番目の入院に関しては、便潜血陽性等に対しての大腸内視鏡検査を入院(1泊2日)行っており、最も多い症例数となっています。
その他にも虚血性腸炎、大腸の悪性腫瘍、鼡径ヘルニア、胆嚢炎等が多い症例となります。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 89 51.84 25.09 23.6 81.98
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 61 45.66 18.81 3.28 82.9
160760xx97xx0x 前腕の骨折 48 13.67 5.18 0 57.96
160760xx97xx1x 前腕の骨折 17 20.94 8.45 0 76.82
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 16 27.38 16.10 0 78.19
整形外科の役割は、機能外科として生活の質(Quality Of Life: QOL)を守ることです。QOLを脅かす要因には、外傷(骨折や神経・筋腱損傷など)や加齢による変性変化(変形性関節症、脊柱管狭窄症など)があります。
外傷は、小児期の骨折やスポーツ外傷、青壮年の交通事故や労災事故、高齢者の骨粗鬆症に起因した脆弱性骨折と多岐にわたります。これら外傷により不自由を強いられた患者さんが、出来るだけ早く元の生活に戻られるよう、治療計画を立てています。
平均寿命が延長し、健康寿命に注目が向けられる昨今、特に高齢者の骨折において私たちが果たす役割は重要です。生命を脅かす合併症を併発させず、かつ運動能を低下させないためには、できるかぎりベッドに伏せる時間を短縮する必要があります。脊椎椎体骨折では薬物や装具療法による疼痛管理を行い、リハビリテーションを進めています。大腿骨近位部骨折では、9割以上の症例で48時間以内の手術が達成できています。
加えて、当科は日本手外科学会の教育機関施設の指定を受けています。QOLを脅かす手の変性疾患や外傷の治療に特化しており、三原市内のみならず、近隣の市町村や県外の患者さんの診療にも対応しています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 14 28.64 15.54 0 71.07
010230xx99x00x てんかん 13 16.77 7.48 0 62.15
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 12 53.17 15.64 0 75.33
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 9 31.78 9.68 0 76.78
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 8 17.25 8.18 12.5 81
脳神経外科では、脳梗塞や脳内出血などの脳卒中が上位を占めており、てんかんや頭部の外傷などにも幅広く対応しております。
当院は急性期から回復期、慢性期まで一貫して治療・リハビリテーション等を提供していくケアミックス型病院のため、手術を含めた急性期治療から回復期のリハビリテーション・病院以外の施設での長期療養が困難な障害が残存した方まであらゆる病期に適切な対応を心がけております。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx9900xx 心不全 15 14.8 17.23 0 77.73
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 13 17.23 8.15 0 67.08
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 5 33.6 20.51 0 88.6
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 5 41.6 33.50 0 71.4
050070xx9900xx 頻脈性不整脈 3 2 7.09 0 78.33
心臓血管外科では、慢性腎不全の透析導入に際しての、内シャント設置術が多く、当院腎臓内科からの紹介のみならず、他院からの紹介も多くあります。
このため疾患別患者でも慢性腎不全の患者が最も多くなっています。
内科や循環器内科にて対応できない場合には、心不全や肺炎や不整脈への対応も当科で行っています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常 38 9.37 9.45 0 31.37
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 31 11.32 9.45 0 31.13
120140xxxxxxxx 流産 30 1.07 2.42 0 31.83
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 15 9.53 8.43 0 69.87
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 14 2 3.11 0 39
当院は産科・婦人科疾患全般にわたり対応しております。
なかでも、近年の分娩施設減少により、産科領域では正常分娩を中心に、小児科と連携して、治療、管理を行い、地域の中心的な役割を担っております。
そのため、妊娠関連の疾患が上位を占めています。
なお、正常分娩に関しては健康保険の対象とならないため、DPCデーターには反映しておりませんが、里帰り分娩にも対応しております。
ハイリスクな妊婦様に関しましては、近隣の高度医療機関へ迅速に連携し、対応していただいております。
分娩を目的とする入院が多く、微弱陣痛や分娩異常での帝王切開や吸引分娩などが上位となっており、選択的帝王切開はもちろん、ダブルセットアップ態勢で緊急帝王切開にも対応しております。
必要時には、小児科医も帝王切開に立会いを行い、出生後の新生児の疾患にも小児科医連携にて、迅速に治療を開始します。
妊娠中から産後まで、患者様の不安に対応して、看護、保健指導も行っております。
当院の入院疾患は一般的に知られている疾患が中心で、子宮脱や婦人科系癌に関連する治療も多く行っております。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 38 4.76 4.94 0 64.79
030428xxxxxxxx 突発性難聴 37 11.08 8.81 0 58.19
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 13 4.69 5.63 7.69 49.54
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 8 2 2.04 0 59.88
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 5 7 7.94 0 5.6
最も多い症例は、めまい症(前庭機能障害)です。点滴等の保存的加療を行っております。
突発性難聴に対して、高気圧酸素治療目的で近隣より多数の患者様を御紹介頂いております。
扁桃周囲膿瘍・急性扁桃炎・急性咽頭喉頭炎などの点滴加療や睡眠時無呼吸症候群の検査入院も行っております。
また、慢性扁桃炎・アデノイド増殖症の症例も多く、口蓋扁桃摘出術・アデノイド切除術を行っております。
症例数については、急性期病棟での診断群分類点数における入院患者数であり、地域包括ケア病棟等での入院は含まれておりません。
他疾患として、慢性副鼻腔炎・中耳炎・耳下腺腫瘍・甲状腺腫瘍・顔面神経麻痺・声帯麻痺・声帯ポリープ等多岐に渡る専門治療を行っております。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 8 36.5 12.87 0 74.88
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 5 9.8 12.87 0 59.4
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 5 22.8 12.57 0 57.6
080110xxxxx0xx 水疱症 4 47.5 28.91 0 88.5
080250xx99x1xx 褥瘡潰瘍 3 64 33.25 0 85.67
多い疾患は帯状疱疹、褥瘡、水疱性類天疱瘡、蜂窩織炎、悪性腫瘍、重症薬疹です。最近は帯状疱疹が増加しています。受診者の背景から高齢に多い疾患が目立ちます。
帯状疱疹の治療の基本は最初から抗ウイルス薬、十分な鎮痛剤の使用です。抗ウィルス薬は点滴し、難治性の時はステロイド内服、ペインクリニック紹介しています。また運動神経麻痺などの合併症にも早く対応できるようにしています。
褥瘡(床ずれ)は予防が大切で、寝たきりの人が多くエアーマットなどのベットの使用しています。体位変換、クッションなどのケアも危険度に応じてしています。二次感染のときは抗菌剤の点滴、ポケットのある例では陰圧治療、手術的処置もしています。
水疱性類天疱瘡は検査と症状から重症度に応じてステロイド剤の内服をしています。高齢者が多く糖尿病、骨粗しょう症、高血圧、胃潰瘍などの副作用の対策、治療も並行しています。
蜂窩織炎は皮膚軟部組織の細菌感染で、強力な抗菌剤の点滴治療をしています。
悪性腫瘍は手術場で行い、形成外科に依頼しています。
重症薬疹は発熱、肝機能異常、皮膚粘膜びらんを伴い、原因薬を中止しステロイドの点滴、内服治療をしています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 19 16.26 13.00 0 81.37
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 14 7.5 5.67 0 60.21
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 13 8.23 7.13 0 76.69
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 13 3.08 2.54 0 72.62
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 12 15.25 8.52 0 73.75
泌尿器科では尿管結石・膀胱腫瘍・前立腺肥大の手術治療や、急性腎盂腎炎・前立腺炎・尿路敗血症の治療を行っています。
1番目に多い症例は、急性腎盂腎炎の治療になります。
2番目に多い症例は、尿管結石症の手術目的の入院になります。
3番目に多い症例は、膀胱癌の手術目的の入院になります。
4番目に多い症例は、前立腺癌(疑い)の検査入院になります。
5番目に多い症例は、前立腺肥大症の手術目的の入院になります。
切除不能の膀胱癌に対しての化学療法も行っています。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 39 3.9 4.44 0 69.46
050130xx9900xx 心不全 23 18.22 17.23 0 86.52
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 19 12.11 12.09 0 66.16
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 18 14.67 5.43 5.56 75.28
050210xx97000x 徐脈性不整脈 17 7.18 10.56 0 78.12
循環器内科では、1番目に多い狭心症、3番目に多い心筋梗塞などの虚血性心疾患に対する検査、治療の為の入院が多く、心臓カテーテル検査及び経皮的冠動脈形成術・ステント留置術を施行しています。
2番目に多い心不全は血管拡張剤治療主体で対応しています。
4番目に多い閉塞性動脈疾患ですが、下肢の閉塞が主であり、下肢動脈の血行再建治療も適宜行っております。
5番目に多いのは徐脈性不整脈で、不整脈の手術治療は徐脈に対してのペースメーカー植込み治療を行っています。

麻酔科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 10 35.4 20.51 0 86.7
161020xxxxx00x 体温異常 6 7.5 6.10 16.67 76.83
050130xx9900xx 心不全 5 40 17.23 20 93.6
100380xxxxxxxx 体液量減少症 5 11 10.51 0 76.6
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 4 16.25 13.00 0 89
麻酔科では手術麻酔・疼痛外来(ペインクリニック)を主な業務としていますが、救急患者様の対応も行っております。
最も多い疾患は誤嚥性肺炎であり、高齢の方の誤嚥による呼吸状態悪化に対し人工呼吸管理など様々な集中治療を行っております。
熱中症(体温異常)・心不全・脱水症(体液量減少症)・急性腎盂腎炎・尿路感染症等の高齢者の治療にあたる事が多くなっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 2 6 4 23 2 5 1 7,8
大腸癌 13 8 30 12 10 2 1 7,8
乳癌 6 25 4 2 3 5 1 7,8
肺癌 0 0 1 4 2 0 1 8
肝癌 3 0 0 0 1 2 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
○胃がん
早期胃癌では内視鏡的治療を中心に、低侵襲手術を行っております。また、進行胃癌に対しては早期に適切な治療の提供ができるよう、外科的治療のみならず、術前・術後化学療法等、患者様の状態に合わせた治療の提供に努めています。

○大腸がん
早期大腸癌では、内視鏡的治療を中心に行っております。最近では患者様のQOLを考慮し、低侵襲で傷の小さい腹腔鏡下での手術も行っております。外科的治療のみならず、術前・術後化学療法等、患者様の状態に合わせた治療の提供に努めています。

○乳がん
最近では、検診受験者の増加により早期に発見される症例も増え、年間の手術件数も増加傾向です。術後症例のうち、放射線治療を必要とする場合は、近隣の医療機関へご協力いただき、紹介にて放射線治療を行って頂いています。術前・術後の化学療法、ホルモン療法も行っています。

○肺がん
原発性肺癌については、当院でできる限りの検査を行った後、専門医療機関へ紹介させていただいております。化学療法に対しては、当院で可能な範囲で対応しております。

○肝がん
肝切除等外科的治療のほか、電磁波による焼灼療法や動脈化学塞栓療法等、最適な治療を行っております。当院での対応が困難な症例については、専門医療機関へ紹介させていただいております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 3 85.33 64
中等症 20 20.35 82.45
重症 2 36.5 86.5
超重症 1 138 71
不明 0 0 0
市中肺炎とは、施設や病院以外で普段の日常生活を送っていた方が発症した肺炎のことです。重症度とは入院時、発症時の重症度の度合いを表しており、当院では中等度の症状の患者さんが最も多く、全体の約8割を占めております。
中等度以上の方の平均年齢は82歳を超えており、高齢の方ほど重症化しやすい傾向にあります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 90 77.93 78.23 3
その他 10 55.6 82 0
当院はケアミックス型の病院のため、在院日数は急性期の病棟から回復期の病棟での入院期間まで含めた平均在院日数のため、日数としては長くなる傾向にあります。同一病院内で急性期から回復期まで一貫して治療・リハビリを受けられることは、患者様にはメリットと考えています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 4 16.75 26 0 70.75
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 3 10.33 12.33 0 66
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 2 26 37.5 0 55
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 2 9 15 0 77.5
K084 四肢切断術(下腿) 1 1 161 0 91
内科では慢性腎不全の透析導入に際しての末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)や連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術を行っております。
他科と併診し、血管移植術、経皮的シャント拡張術、四肢切断術も対応しております。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 5 0 4.8 20 0
小児科の入院症例で手術として扱われるものは、主には仮死状態で出生した新生児に対する蘇生術です。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 39 0.26 1.08 0 66.36
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 3.6 6 0 61.6
K6335 鼠径ヘルニア手術 18 0.11 5.33 0 70.17
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 12 1 6.25 0 71.42
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 11 0.91 3.91 0 43.09
近年では内視鏡、腹腔鏡を用いての手術件数が増えています。
最も多い手術症例は、内視鏡的ポリープ・粘膜切除術で早期がん発見に努めています。
2番目に多い症例は、胆のう炎に対する腹腔鏡を用いた胆のう摘出術となります。
3番目に多い症例は、鼠径ヘルニアに対する手術治療になります。
5番目に多い症例は、虫垂炎に対する腹腔鏡を用いた虫垂切除術になります。
その他にも、肺・乳腺・胃・肝臓・大腸の悪性腫瘍に対する手術も行っています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 111 2.61 56.02 13.51 79
K0462 骨折観血的手術(前腕) 72 2.94 28.75 0 67.56
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 33 0.85 2.45 0 59.73
K0811 人工骨頭挿入術(股) 24 5.42 5.05 29.17 80.29
K0821 人工関節置換術(膝) 24 3.58 62.79 0 79.54
小児期、青壮年期、高齢期の外傷手術にあたっています。土日祝日に緊急を要する症例にも柔軟に対応しています。
また、人工関節置換術や脊柱管狭窄症手術といった変性疾患の治療も積極的に行っており、地域住民のQOLを守るための貢献を心掛けています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 16 9.56 41.63 18.75 81.69
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 7 79.14 361.29 0 80.43
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 4 0 113.25 25 64.25
K178-4 経皮的脳血栓回収術 4 6.75 129 0 83.75
K1781 脳血管内手術(1箇所) 4 0.5 169.25 0 71
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫の手術が最も多くなっています。
また通常の脳内血腫に対する開頭術や、頭部外傷に対する開頭術が上位を占めます。
近年普及し始めた脳梗塞に対する経皮的脳血栓回収術についても積極的に行っています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 10 1.9 9.8 0 62.5
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 8 3.13 27.25 0 75.75
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 3 0.67 5.67 0 73.33
K597-2 ペースメーカー交換術 1 0 10 0 94
K608-3 内シャント血栓除去術 1 3 25 0 76
心臓血管外科では、慢性腎不全の透析導入に際しての、内シャント設置術が多く、当院腎臓内科からの紹介のみならず、他院からの紹介も多くなっています。他院からの紹介では、自家静脈によるシャント設置術が困難な症例に対して、人工血管を使用した内シャント設置術が増加傾向にあります。
また、使用中の内シャント合併症に対する処置も増加傾向にあり、血管移植術や経皮的シャント拡張術を行っています。
入院で対応している患者以上に、外来で対応している患者も増加傾向であります。
循環器内科で対応できない場合には、ペースメーカー埋込術やペースメーカー交換術も対応しています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 53 1.38 7.81 0 31.4
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 29 2.52 8.69 0 31.14
K9091イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法) 20 0.1 0 0 30.85
K867 子宮頸部(腟部)切除術 14 0 1 0 39
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 13 1.92 6.85 0 70.77
当院の手術の症例で最も多いのが選択的帝王切開です。
選択的帝王切開とは、骨盤位、既往帝王切開等で入院前より帝王切開を予定している手術です。
事前に術前検査を実施、小児科、麻酔科等、各部門と連携し安全な出産を目指しております。
また、経膣分娩を予定していたところ、胎児の心音異常や、妊娠高血圧症候群、遷延分娩など、母体や胎児の状態によって緊急帝王切開に変更となる場合も、迅速に対応しております。
流産手術に関しては、前日外来にて前処置を行い、手術当日の日帰り入院としております。
近年、従来の流産手術よりキットを使用しての手動真空吸引法での手術を中心に行っております。
子宮頸癌に移行する可能性の高い子宮頚部異形成などにおいては、子宮頚部切除を行い病理検査にて診断確定および、今後の治療の必要性を調べます。
このほか、子宮脱手術や、子宮、卵巣の開腹、腹腔鏡下の手術、子宮内膜ポリープ切除等にも対応しております。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K370 アデノイド切除術 5 1 5 0 5.6
K300 鼓膜切開術 4 2.5 6.5 0 62
K4001 喉頭形成手術(人工形成材料挿置術、軟骨片挿置術) 2 0 6.5 0 81
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 1 0 1 0 29
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 1 0 0 0 5
最も多い手術は、アデノイド増殖症に対するアデノイド切除術です。慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術と共に、小児期の患者様に行う事が多い手術です。
中耳炎に対する手術は、鼓膜切開術や鼓膜チューブ挿入術・鼓室形成術が主な手術となります。
喉頭形成手術は、反回神経麻痺による嗄声を改善する手術で、術後は沈黙を要します。
慢性副鼻腔炎に対し、内視鏡下鼻・副鼻腔手術(Ⅰ型~IV型)を施行しています。
急性期病棟での診断群分類点数における手術数であり、地域包括ケア病棟等での入院は含まれておりません。
耳下腺や顎下腺・甲状腺などの腫瘍摘出術も施行しております。
また、他科より気管切開術の依頼があれば、対応しております。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0021 デブリードマン(100cm2未満) 1 5 182 0 81
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 1 0 4 0 80
K019 複合組織移植術 1 0 7 0 43
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 1 52 52 0 59
良性小型の腫瘍は皮膚科、形成外科で切除します。大きな腫瘍、顔の腫瘍、悪性腫瘍は形成外科で手術します。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15 0.4 20.6 0 72.87
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 12 1 8.33 0 75.33
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 10 1.8 7.5 20 76.1
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 10 2 11.3 0 73.3
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 9 1 5.89 0 64.44
泌尿器科では主に内視鏡を使用しての経尿道的手術を中心に行っています。
1番目に多い手術症例は、結石性腎盂腎炎、水腎症に対する尿管ステント留置術となります。
2・3番目に多い手術症例は、膀胱癌に対する経尿道的膀胱悪性腫瘍手術になります。
4番目に多い手術症例は、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺手術になります。
5番目に多い手術症例は、尿管結石症に対する経尿道的尿路結石除去術(レーザー使用)になります。
当院では、腎結石症、尿管結石症に対する体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は外来で行っております。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 53 0.4 7.34 0 69.58
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 19 0.53 12.53 5.26 75.16
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 9 0 9.22 0 64.11
K597-2 ペースメーカー交換術 8 0 5.25 0 80.13
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 8 0.13 5.63 0 76.25
虚血性心疾患のカテーテル手術治療を緊急・待期含めて年間100件以上行って対応し、下肢動脈の血行再建治療も適宜行っています。
不整脈の手術治療は徐脈に対してのPacemaker植込み治療を常時行っており、外来で定期的にフォローアップも行っております。

麻酔科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 1 16 1225 0 78
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 1 16 2 0 75
K638 骨盤腹膜外膿瘍切開排膿術 1 13 180 0 80
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 1 31 38 0 85
麻酔科では救急患者様の対応も行っており、集中管理が必要な患者様を他科と連携して治療しております。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 3 0.11
180010 敗血症 同一 3 0.11
異なる 7 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.04
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 3 0.11
異なる 1 0.04
播種性血管内凝固症候群(感染症などによって起こる全身性の重症な病態)や敗血症(感染症によって起こる全身性炎症反応の重症な病態)については、原因疾患から感染して重症化するケースがほとんどで、敗血症においてはショックに至ったケースも含まれております。
又、その他の真菌感染症は、真菌性眼内炎に対して抗真菌剤を投与して軽快した症例です。
手術・処置等の合併症については、人工関節置換術など骨に挿入した器具の緩みや透析シャントの閉塞などもこれに該当します。
これらは医療過誤ではありません。
尚、発生率(%)は全退院患者を分母として計算しています。
更新履歴
2021/9/30
新規公開
お問合せ先一覧
興生総合病院[救急外来24時間受付中] 0848-63-5500 交通アクセス
診療・受付時間
  • 休診日日曜、祝祭日、年末年始(12月31日~1月3日)

受付時間 初診・再診

  • 午前8時~12時 (2020.4.20より)
  • 午後13時30分~17時

診療時間

  • 午前9時~12時
  • 午後14時~17時
  • ※土曜日12時30分からは当直体制
外来担当医表
携帯サイト
QRコード http://kohsei-hp.jp/mobile/
  • 地域医療連携室
  • 看護部の紹介
  • 社会医療法人 里仁会
  • 2003年5月19日をもって日本医療機能評価機構認定病院に指定されました
  • 岡山大学広域外科専門研修プログラム
  • 日本社会福祉法人 日本介助犬協会